手書き製図を楽にしてくれる

従来はドラフターという製図道具を使って紙に定規と鉛筆を駆使して図面を書いていました。人の作業で線や寸法値を記入する必要があり、ときには修正を消しゴムで消して対応するため、時間がかかるだけでなく、仕上がりが汚くなる欠点がありました。原図は人から人の手渡しが基本で生産現場との打ち合わせなどで手間がかかっていたのです。これを解消してくれるのがコンピューター上で作図ができるCADです。線を自在にマウスのクリックで描くことができ修正も一瞬で完了します。さらに、データとしてやり取りができるためメールなどで関係者に配信し、誰でも修正や閲覧をすることができるのです。また、複数人で1つの製品の製図を同時に行うことで効率化を上げることができますよ。

製図機能を超越した機能

CADは製図だけにとどまらなくなりました。それは、3Dモデルを使ったCADが登場したことにより、いろいろなことができるようになったのです。3Dモデルを先に作ることで、正面図や側面図はもちろん断面図も自動的に描くことができます。寸法も3Dモデルの寸法のため自動で描くことが可能です。変更は3Dモデルを修正することで、2Dの製図も連動して修正されます。さらに、3Dモデルを使って組立時の干渉チェックを行うことが可能です。開発活動として解析評価もできるのです。応力や流体や熱などいろいろな評価ができますよ。ただし、CADのソフトによって対応可能な機能が異なりますし、機能が充実するほど導入価格が高くなるため比較検討をすることが重要です。

電気CADとは、電気関係に特化したパソコンで図面を作成するときの支援ソフトのことをいい、配電盤などの機器をパソコン上でクリックするだけで、図面内に反映させることができる設計のサポート機能を有します。