酸洗いってどんな事?

まず酸洗いとは、酸性の溶液に金属製品を漬けて腐食効果によって金属表面の油汚れや被膜を綺麗に除去する洗浄方法のことを言います。主に汚れを落とすことが目的であり、最終工程か若しくは最終工程のための下処理として行われます。ステンレスの場合は酸洗いで表面の汚れを取り除くことで、クロムと空気が反応して綺麗な不動態皮膜を形成することができるので最終工程として行われ、そうでない金属製品の場合は基本的に酸洗いで綺麗に汚れをとった後に塗装処理が行われます。

酸洗いは研磨式の洗浄方法とは違って製品に力が加わらないため変形しやすい細工物などを洗うのにも向いており、金属加工の現場ではよく行われています。

エッチングってどんな事?

エッチングとは、洗浄方法ではなく加工方法になります。まず金属製品の表面に文字やイラストなどの形になる防食層を作ってその付近に酸を付けて部分的に腐食させます。すると防食層の部分とそうでない部分に凹凸の変化が現れ、文字やイラストの模様が浮かび上がる仕組みになっています。彫刻刀などで削って文字を刻む代わりに、酸の腐食によって刻むようなイメージになります。主にベルトのバックルやジッポライターなどに複雑な模様やマークを入れるのに使われています。

どちらも酸を使うが、使う場面が全く違う。

どちらも酸による金属腐食を使った加工方法ですが、酸洗いは洗浄方法であり、エッチングは金属加工になりますので使われる場面が大きく変わってきます。どちらも塩酸や硫酸といった人体に影響の大きな薬品を使うため、作業を行う時は最新の注意が必要となるでしょう。

酸洗いは金属のさびや酸化皮膜などを、塩酸のような酸性の製剤で洗い流して除去する作業のことを言います。