まずはお湯とバケツでつまりを溶かそう

トイレのつまりの原因で最も多いものが、トイレットペーパーと排泄物によるものです。元々トイレの排水溝は湾曲した形のため、途中でつまりやすい構造になっています。トイレットペーパーや排泄でのつまりの場合には、お湯を使って溶かすことで解消できます。まずは、便器に溜まった水を出来るだけ取り除いておきます。こうすることで流すお湯が冷たくならずに済みます。次にバケツに入れたお湯を出来るだけ高く、勢いを付けて便器に流します。その後一時間ほど置いてふやかします。最後にバケツなどで水を流して流れるか確認してください。この時に使用するお湯の温度は約50度程度が理想です。熱湯を使用すると便器の破損に繋がるので注意が必要です。

固形物を強力に取り除くラバーカップ

紙つまりの場合にはお湯が効果的ですが、それでもだめならラバーカップの出番です。このラバーカップは使い方にコツがあります。まず、水はねを防ぐ為に必ず汚れても良い服装、手袋を着用しましょう。そしてラバーカップを排水溝に密着させるようにつけ、カップをへこませます。ラバーカップがへこんだら勢いを付けて引きます。これを何度か繰り返すとつまりの原因が上に引き上げられて、つまりを解消させることができます。この際にラバーカップは真空状態にしなくては上手く引き上げることが出来ないので、隙間を作らないことと、便器の水にカップが浸るくらいの状態を作ることです。最後に確認のために水を流しますが、この際もバケツなどからゆっくり水を流して確認してください。いきなりレバーで流さないよう注意しましょう。

トイレのつまりは、トイレットペーパーが詰まったくらいであれば自分で直すことが可能です。つまったものがその他の異物であったり、つまりの原因が不明である場合は、業者への修理依頼が必要となります。